Friday, October 20, 2006

リフォーム 玄関 名古屋

書店に行くと、いろいろな営業本が並んでいます、株式投資の本も多いですが、営業本も多いです。
購入当時の重要事項説明書や売買契約書、パンフレットもご持参いただきました。
顔を近づけて、よぉ〜〜〜く見ると、階段にキズがついているだの、木目がズレているだの、、。
相手(業者)任せでは、やっぱり駄目なんです。自分の身は自分で守りましょうね。
 
個人的には、アドバイスを求められると、「止めといた方がいいんじゃない。」と言ってしまいがち。
打ち合わせ内容と設計図書が一致しているかどうか自分では確認できないしたら?
購入先の登記簿を見て、共有者が複数いる時は、注意が必要ですね
短期間の固定金利タイプの商品しかなければ、不動産購入そのものを見送りたいという方もみえます。
 
ならば、取替え時に、あっちこっち建物を傷めなければならない設計って何?
難しいことじゃないんですから、すぐ直しましょうよ。
「そういう話だった?」というフレーズが出てくるようでしたら、一旦立ち止まりましょう。
安易に応えないでください。

1 Comments:

Blogger `speaks enroute said...

kuinoi rite? why is the whole blog in jap??

7:50 AM  

Post a Comment

<< Home